乳房再建に関する正しい情報を提供する

乳房再建ナビ

MainMenu

乳がんの治療

SubMenu

乳がん手術の術式

  • 前へ
  • 次へ

乳がん治療は、手術を基本とし、その前後に放射線療法薬物療法を組み合わせて行います。乳がんの手術の術式には、大きく分けて次の2種類があります。

乳房温存手術は、放射線療法と組み合わせることで、乳房切除術(全摘術)と術後の生存率に差がないことが示され、選択されることが多くなりました。現在行われている乳がん手術の術式の割合は、温存手術が約6割、切除術が約4割となっています注1)

ただし、温存手術を行うことができるのは、比較的初期の乳がんです。がんの広がりが大きい場合は、温存手術の適応とならず、切除術が行われます。また、乳房温存療法では、切除術に比べて局所(乳房内)での再発率がやや高いため、それが心配な場合には切除術が選択されます。

最近では、温存するよりも整容性注2)に優れた乳房再建術を希望して、切除術を選択する患者さんも増えています。

各術式による手術後の生存率、局所再発率、整容性の維持について比較すると、下の表のようになります。

表 乳がんの手術方法による比較
  乳房温存手術放射線療法
<乳房温存療法>
乳房切除術 乳房切除術乳房再建術
生存率 差がない
局所再発率 やや高い ほとんどない
整容性の維持 保たれる 保たれない 保たれる

<出典>福田 護ほか:ピンクリボンアドバイザー認定試験公式テキスト『ピンクリボンと乳がん まなびBOOK』 発行/社会保険出版社 発売/主婦の友社, 2013 より改変

注1)
<出典>日本乳癌学会:全国乳がん患者登録調査報告 2011年次症例
注2)
整容性:手術後の美容的な仕上がり、見た目のこと。乳房の大きさ、形、位置、傷あとなどにより評価されます。
  • 前へ
  • 次へ

病院検索 お近くの医療機関をご紹介します

<参考・協力>福田 護ほか:ピンクリボンアドバイザー認定試験公式テキスト
『ピンクリボンと乳がんまなびBOOK』発行/社会保険出版社 発売/主婦の友社,2013