乳房再建に関する正しい情報を提供する

乳房再建ナビ

MainMenu

乳がんの治療

SubMenu

乳がん治療の概要

  • 次へ

乳がん治療の分類

乳がんの治療方法は、

  • 局所療法:乳房にできたがん細胞を取り除く、または死滅させる方法
  • 全身療法:リンパや血液の流れに乗って乳房の外に運ばれたがん細胞の増殖を抑える方法

に大きく分かれます。さらに局所療法には手術療法放射線療法が、全身療法にはホルモン療法などの薬物療法があります。

表 乳がん治療の分類
局所療法 手術療法
放射線療法
全身療法 薬物療法(ホルモン療法、抗がん剤療法、分子標的療法)

乳がん治療の流れ

乳がん治療では、基本的に、まず初期治療として手術を行い、術後に補助療法として再発予防のための放射線療法薬物療法を組み合わせて行います。患者さんの状態によっては、術前に薬物療法が行われることもあります注1)

図 乳がん治療の基本的な流れ

図 乳がん治療の基本的な流れ

具体的にどのような治療法を、どのようなタイミングで行うかは患者さんごとに異なります。検査結果や手術後にわかる乳がんの状態に加え、患者さんの年齢やライフスタイル、治療法についての考え方や希望も考慮して決定されます。

がんの治療方法の基準になるものとして標準治療注2)があります。個々の患者さんは自分の乳がんに対する標準治療が何であるのかを理解したうえで、主治医とよく話し合い、納得して自分にとって最善の治療法を決めることが大切です。

なお、主治医の説明を十分に理解できなかったり、提案された治療方針を受け入れられなかったりする場合には、ほかの医師の意見(セカンドオピニオン)を聞いてもよいでしょう。

注1)
術前の薬物療法:そのままでは手術が困難な進行乳がんを手術できるようにしたり、しこりが大きいために乳房温存手術が困難な乳がんを温存できるようにしたりする目的で行われます。
注2)
標準治療:世界中で多くの患者さんを対象に行われた臨床試験の結果をもとに、専門家が有効性と安全性を確認し、現時点で最も効果があると合意した治療法のことをいいます。
  • 次へ

病院検索 お近くの医療機関をご紹介します

<参考・協力>福田 護ほか:ピンクリボンアドバイザー認定試験公式テキスト
『ピンクリボンと乳がんまなびBOOK』発行/社会保険出版社 発売/主婦の友社,2013