乳房再建に関する正しい情報を提供する

乳房再建ナビ

MainMenu

乳がんとは

SubMenu

乳がんの発生と進行

  • 前へ
  • 次へ

乳がんの症状

乳がんは、早期には自覚症状がほとんどありませんが、がんの進行とともに以下のような症状が現れるようになります。1つでもこれらの症状に気づいた場合は、専門医のいる医療機関を受診して、必要な検査を受けることが大切です。

しこり

手で触ったときに感じるゴリゴリしたかたまりのことです。乳腺にできるしこりは、乳がんによるものだけではなく、その90%は良性の病気によるものであるといわれています。乳がんのしこりは硬くあまり動かないのに対し、良性のしこりは弾力性があり動く傾向がありますが、感触だけで自己判断するのは危険です。

乳房の痛み

通常、月経中には乳房が張って痛みを感じることが多いですが、月経周期に関係なく長期間にわたって痛みがある場合には注意が必要です。

乳頭からの分泌物

乳頭(乳首)から、血液が混じったような茶褐色の分泌物が出る場合があります。

乳頭・乳輪部のただれ

乳頭や乳輪部に湿疹やただれ(びらん)ができてかさぶたになったり、また再びただれが起きるような状態を繰り返す場合は、早期乳がんの可能性があります。

乳房の皮膚の変化

乳房の皮膚がえくぼのようにくぼむ場合があります。また、赤く腫れたり、毛穴が目立ってオレンジの皮のような凸凹が現れたりする場合があります。

乳頭の陥没

乳頭が極端にへこんだり、引きつれたりするなどの変化が現れる場合があります。

わきの下の腫れ・しこり

わきの下に腫れやしこりが現れる場合があります。乳がんが、わきの下のリンパ節<腋窩(えきか)リンパ節>に転移すると起こります。

  • 前へ
  • 次へ

病院検索 お近くの医療機関をご紹介します

<参考・協力>福田 護ほか:ピンクリボンアドバイザー認定試験公式テキスト
『ピンクリボンと乳がんまなびBOOK』発行/社会保険出版社 発売/主婦の友社,2013