乳房再建に関する正しい情報を提供する

乳房再建ナビ

MainMenu

乳がんとは

SubMenu

乳がんの分類

  • 前へ

乳がんのサブタイプ

乳がん細胞がもつ遺伝子の特徴によって、乳がんを分類したものを「サブタイプ」と呼びます。サブタイプは手術前や手術後に行われる病理検査(組織診)で、がん細胞の表面にあるタンパク質を調べて判定されます。基本的には、ホルモン受容体注1)、HER2(ハーツー)タンパク注2)、増殖能注3)の組み合わせによって、表に示すように大きく5つのサブタイプに分類できます。
このサブタイプに基づいて、ホルモン療法(内分泌療法)抗がん剤療法(化学療法)分子標的療法(抗HER2療法)などの薬物療法が選択されます。

表 乳がんのサブタイプ分類と推奨される薬物療法

推奨される薬物療法

  ホルモン受容体陽性 ホルモン受容体陰性
HER2陰性 低増殖能 ルミナールAホルモン療法 トリプルネガティブ抗がん剤療法
高増殖能 ルミナールB(HER2陰性)ホルモン療法 + 抗がん剤療法 HER2タイプ抗がん剤療法 + 分子標的療法
HER2陽性 ルミナールB(HER2陽性)ホルモン療法 + 抗がん剤療法 + 分子標的療法
注1)
女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)は、乳がん細胞を増殖させると考えられています。がん細胞の表面にこれらホルモンの分子と結合する
受容体がある場合、ホルモン受容体陽性(またはホルモン感受性)と呼ばれます。
注2)
乳がん細胞を増殖させるタンパク質のことです。
注3)
Ki-67というタンパク質が多いほど、がん細胞は増殖する能力(増殖能)が高くなります。
  • 前へ

病院検索 お近くの医療機関をご紹介します

<参考・協力>福田 護ほか:ピンクリボンアドバイザー認定試験公式テキスト
『ピンクリボンと乳がんまなびBOOK』発行/社会保険出版社 発売/主婦の友社,2013