乳房再建に関する正しい情報を提供する

乳房再建ナビ

MainMenu

乳房再建術

SubMenu

自家組織による乳房再建

  • 前へ
  • 次へ
  •   

患者さんの体の組織を胸に移植する方法は、人工物を体に入れることに抵抗がある人に適しています。自然な形や、温かさ、柔らかさが得られるという長所がある一方で、手術時間や入院期間が長く、組織を取った部分に傷あとが残るという短所があります。

主に「お腹の組織を移植する方法」と、「背中の組織を移植する方法」の2つに大きく分けられます。いずれの方法で行うかは、乳房のボリュームなどのほか、傷あとの位置や、妊娠・出産予定など、患者さんの希望などによって決定します。

お腹の組織を移植する方法
-腹直筋皮弁法(ふくちょくきんひべんほう)/穿通枝皮弁法(せんつうしひべんぽう)-

お腹の組織を移植する方法は、乳房のボリュームが比較的大きい人に適しています。さらに、「腹直筋皮弁法」「穿通枝皮弁法」の2つに分けられ、どちらの場合も下腹部に30cm程度の傷あとが残ります。また、どちらの方法も一度しか行うことができないため、将来反対側の乳房にもがんが発生した場合には、同じ方法での再建ができない点に、注意が必要です。

腹直筋皮弁法
  • お腹の皮膚、脂肪、筋肉の一部に血管をつけた状態で胸に移植する方法です。
  • 穿通枝皮弁法よりも手術時間は短く(4時間程度)、専門医のいる形成外科であれば多くの施設で受けられます。
  • 筋肉を一部切り取るので腹筋が弱くなります。過去にお腹の手術を受けた人や、妊娠・出産を予定している人には適していません。
穿通枝皮弁法
  • お腹の脂肪だけを血管をつけた状態で取り出し、胸に移植する方法です注)
  • 高度な技術を要するため、手術時間は長く(6~10時間程度)、限られた施設でしか受けられません。
  • 筋肉を切り取らないので、腹筋が弱くなることはありません。過去にお腹の手術を受けた人でも行うことができます。妊娠・出産を予定している人には適していません。
注)
お尻や、足の付け根の内側の脂肪を移植する方法もあります。

図 お腹の組織による乳房再建術

お腹の組織による乳房再建術

  • 前へ
  • 次へ
  •   

病院検索 お近くの医療機関をご紹介します

<参考・協力>福田 護ほか:ピンクリボンアドバイザー認定試験公式テキスト
『ピンクリボンと乳がんまなびBOOK』発行/社会保険出版社 発売/主婦の友社,2013