乳房再建に関する正しい情報を提供する

乳房再建ナビ

MainMenu

乳房再建術とは

SubMenu

乳房再建のタイミング

  • 前へ
  • 次へ
  •   

乳房再建の方法は、行うタイミングによって、乳がんの手術と同時に行う「一次再建」と、乳がんの手術後に一定の期間をおいて行う「二次再建」に分けられます。

どちらのタイミングで行うかは、それぞれの患者さんの病状注1)や希望、医療機関の方針などによって決定されますが、次のような長所と短所があります。

それぞれの特徴を理解して、患者さんと医師でよく相談のうえ、適した方法が選択されます。

表 一次再建と二次再建の比較
  一次再建 二次再建
概要
長所
  • 二次再建よりも手術の回数が少なく、身体的・経済的負担が少ない
  • 乳房を失う喪失感が小さい
  • まず乳がん治療に専念できる
  • 乳房の形の希望などをじっくり検討できる
  • 乳がんの手術とは別の医療機関を選択して、再建を行うことができる
短所
  • 乳がんの手術と同時に再建を開始する場合は、乳房の形の希望などをゆっくり考える余裕がない
  • 乳腺外科医と形成外科医の連携が不可欠(医療機関の選択が重要)
  • 一次再建よりも手術回数が多くなり、身体的・経済的負担が多い
  • 乳房を失った後の喪失感が大きい
注1)
乳がんの再発リスクや進行の程度によって、一次再建が勧められない場合があります。
注2)
ティッシュ・エキスパンダーの挿入を経ずに、インプラントによる再建術を受けられる医療機関は限られています。
  • 前へ
  • 次へ
  •   

病院検索 お近くの医療機関をご紹介します

<参考・協力>福田 護ほか:ピンクリボンアドバイザー認定試験公式テキスト
『ピンクリボンと乳がんまなびBOOK』発行/社会保険出版社 発売/主婦の友社,2013